2008年10月9日木曜日

りんごの葉摘み



十月の初め頃からふじの葉摘みを始めています。
写真のようにすでに色づき始めたりんごちゃんですが、葉っぱもうじゃうじゃ生えてるわけで、これが実に対して影を作ります。出来ればこのままにして楽をしたいのですが、ちゃんととらないとその部分だけ色がつかないんです。
大変だけどお金にならないともっと大変ってワケでせっせと葉っぱを摘みます。

葉摘みに関して、いろいろなりんご農家さんがやらない方が良いと言って「葉とらず」として売ってます。りんごの甘さは実が作るのではなく周りの葉がつくるという理論です。
さてどうなんでしょう?正直分かりません。
葉摘みや徒長枝を切りながらたくさんのりんごをかじりました。味は様々です。早めに熟れてきたりんごは直接日が当たった部分がとても甘く感じますし、されとてりんごの周りの葉っぱが甘みを作るというのも理解できます。
まぁ、食って食って食いまくって自分なりの方法を見つけようかなと思っとりますので、これはまたの機会に!

0 件のコメント:

コメントを投稿