cocolo farm とは

cocolo farm とは

テスト

2008年4月29日火曜日

りんごの農薬を散布しました(リンゴ2-2008)

本日、リンゴの二回目の農薬を散布しました。

下記薬液を10aあたり400リットル散布しました。
アグロス展着剤S(住友化学)10,000倍
スコア顆粒水和剤(シンジェンタジャパン) 3,000倍
ロムダンフロアブル(ダウ・ケミカル日本) 3,000倍

スコア顆粒水和剤が殺菌剤で主に黒星病対策、 ロムダンフロアブルが殺虫剤で主にハマキムシ対策です。

桃の農薬を散布しました(モモ3-2008)



本日、桃の三回目の農薬を散布しました。

下記薬液を10aあたり400リットル散布しました。
アグロス展着剤S(住友化学)10,000倍
カスケード乳剤(BASFアグロ) 4,000倍

主にモモハモグリガに対する殺虫剤です。

2008年4月28日月曜日

りんごが咲き始めました

りんごの花

りんごの花が咲き始めました。

薄ピンクの華麗な花です。桃などと違い、五つの花が同じところから咲きます。これからしばらくはりんごの花見が楽しめます!!

2008年4月25日金曜日

手前味噌

大豆味噌完成!

今日は味噌造りをしました。

もっと前にやっておきたかったのですが、ずくがなくて(^^;)

ちなみに「ずく」は信州の方言で「やる気」みたいな意味です。(SBCラジオで今春から「坂ちゃんのずくだせえぶりでぃ」っていう放送が始まりました。すごいネーミング・・・。でも、畑で毎日聞いてます。結構いいっす。)

うちの味噌は大豆も自家製・自然栽培です。麹と塩は買ってきましたが、気合いの入った手前味噌です。八ヶ月ほどおけば完成です。発酵途中の味噌も麹の味がしておいしいですし、ちょびっとずつ食べちゃいます。

内緒にしてましたが(笑)、実はこの前に自家製の自然栽培米で麹をつくり、自家製の自然栽培大豆で味噌を仕込みました。なんで内緒かって?!・・・うーーー、失敗しました。麹が水っぽくなりすぎて甘酒みたいになりました。でもそのまま仕込んでありますので奇跡的に上手くできたらまた報告します。

2008年4月24日木曜日

菜の花の原っぱ

菜の花菜の花

小布施町の小布施橋近く、千曲川の河原には綺麗な菜の花の原っぱがあります。ちょうど満開で見頃です。

この時期は、桜にハナモモ、すもも、桃なども咲いて信州は良い季節です。ここに生まれて良かったと思える時期ですね。作業の休憩中にちょっと足を伸ばして撮ってきました。

桃がほぼ満開です! 摘花を開始しました

満開の桃摘花するKUMA

桃の花が9分咲ほどになり見頃を迎えました。

かなり摘蕾したので、余り咲かないかなと思っていましたが、やはり誰かが手抜きをしていたのか・・・みごとに咲き誇っています。(笑)
そこで摘花をおこないました。地道な作業が多い桃作業でも、この仕事はわりと楽しいし、やりがいもあります。なぜなら、プチプチと花を落としていくと、あとには見事とな花びらの絨毯!!結構綺麗なんですよ!!

プルーンが満開! 受粉作業を行いました

満開のプルーンプルーンの受粉

プルーンが満開を迎え、白いかわいらしい花が見事です!

プルーンは自家受粉が可能な樹と不可能な樹があります。信州堂のプルーンにはグランドプライズ(バーバンク)がありまして、これは自家受粉しません。そこで毛バタキであちこちの樹の花をなでてやり、受粉をお手伝いします。

もっと蜂くんたちがいれば、この作業はお任せでいいのですが、最近は昆虫たちも数が減っております。まぁ、環境の変化で減っており、これには農薬の影響もありますので自業自得といえばそうなんですが・・・
調べたところ「マメコバチ」という蜂くんを、最近は農家さんが活用しているようです。来年はうちも試してみようかな。そういえばイケダヤ西のりんご畑に前の農家さんが住み処になるヨシを切ったものを置いてあるのをみました。あれにすでに住んでいるかも!!明日見てみよう〜

2008年4月23日水曜日

桃の農薬を散布しました(モモ2-2008)

本日、桃の二回目の農薬を散布しました。

下記薬液を10aあたり400リットル散布しました。
ICボルドー412(井上石灰工業) 50倍

主にせん孔細菌病に対する殺菌剤です。せん孔細菌病にかかると葉や実に穴が開いたような状態になり、葉が落ちます。葉がなくなることで光合成ができず、深刻なダメージが出ます。もちろん実に出た場合は売り物になりません。

クレマチスが咲きました

クレマチス

庭の垣根にはわせてあるクレマチス・アーマンディが咲きました。クレマチスでは珍しく常緑で、咲くのも割と早い方です。信州の厳しい冬にも耐えて、今年も立派に花を咲かしてくれました。

2008年4月21日月曜日

アンズの農薬散布しました(アンズ3-2008)

本日、アンズの三回目の農薬を散布しました。

下記薬液を10aあたり300リットル散布しました。
アグロス展着剤S(住友化学)10,000倍
ロブラール水和剤(日産化学) 1,500倍
モスピラン水溶剤( 日本曹達) 4,000倍

ロブラール水和剤が殺菌剤で主に灰星病予防、モスピラン水溶剤が殺虫剤で主にアブラムシ対策です。

2008年4月18日金曜日

桃がもうじき開花です

桃がもうじき開花

桃の蕾がこんなに膨らみました!もうじき開花です。

2008年4月15日火曜日

桃の摘蕾終了です

本日、無事に桃の摘蕾が終了しました。

昨年よりはだいぶ要領もつかめ丁寧に行えました。これで花が少なくなって寂しくはありますが、果実は充実することでしょう。摘蕾をしっかりやることで収穫果の大きさが数パーセントは変わってきます。一ランクぐらいあがるんじゃないでしょうか。そしてこの後の摘花・摘果も少しは楽になります。

やっていて改めて思いましたが、品種により花芽の取りやすさも様々です。「なつっこ」はかなり取りやすく、「滝の沢ゴールド」はちょっと取りづらく、「あかつき」はかなりしっかり付いていていて、取りづらいです。そして、気になることもいくつか・・・「あかつき」の老齢による衰えと、「滝の沢ゴールド」の日焼けによる樹勢の衰退です。特に「滝の沢ゴールド」はひどいです。芽があまりなく元気がないのがはっきりと出ています。今年は日焼け管理を徹底することが重要でだなぁ。場合によっては直販の販売中止まで考えなくては・・・頭が痛いですね。

露地物のアスパラが出始めました



私の自宅裏の自家用露地物アスパラが出始めました。これから約一ヶ月楽しめます!採れたてのアスパラは生でかじれますし、ホントに甘いんです!!このアスパラがあったから信州堂を始めたと言っても過言ではないくらいに自信があります。野菜で贅沢を感じる一品なんですよ、、毎日食べよっと♪
商品のアスパラでもご紹介していますが、アスパラは鮮度が命です。収穫から時間が経てば経つほど柔らかさや旨みが減少します。ですので、収穫後の管理をしっかり行い鮮度の低下を極力防いでお客様に発送しています。

ぜひ、採れたてのアスパラを一度味わってみて欲しいです。うちを探し当てた方にはお分けできるかもしれません。ぜひ小布施にお越しください。メール会員限定で販売もしようかと思っています。これを見た方はご登録してみては??頒布情報配信終了しました。

2008年4月14日月曜日

アンズが満開です!!



松代町・東条にある信州堂のアンズ畑が満開を迎えました!

アンズ・ハーコットの苗を植えるタイミングをこの日に合わせ、のこのこと花見に行って参りました。私たちも初めてのことなので楽しみにしていましたが、、、想像を超える綺麗さです。かなりの傾斜地に段々畑のようにありますので、山の上や麓から見る景色が素晴らしいの一言。更埴・森が有名ですが、景色はこちらが優っていると思います。ですが、いかんせん駐車場がなく多くの人が入れません。お客を呼ぶに呼べない状況ですね。このへんも信州堂は地元の人と協力してイベントを開催したいなーなんて考えております。

いやぁホント綺麗。いつまでも残したい景色です。でも後継者不足はここでも深刻で、いつか木が切られてしまいます。うちにももっと借りてと話が来ていますが、通うにも限度があるのでそんなに出来ないし。困ったモンです。

2008年4月13日日曜日

桃の草刈りしました



全体の半分ですが桃畑の草刈りを行いました。写真の用に乗用の草刈り機でまるでゴーカートのように畑を走り回ります。信州堂は緑肥効果と減農薬の観点から清耕栽培や除草剤使用をしておらず、すべて草生栽培ですので草刈りが重要な仕事です。

りんごの芽が出ました



本日畑を観察していたところ、りんごの芽が出ておりました。 果樹の芽の出方にもいろいろありますが、他と少し違うところはまず葉がでるところです。桃やアンズは花が咲き、やや散った頃に葉芽がでてきますが、りんごは先に葉芽がでて花が四月下旬頃咲き出します。

2008年4月10日木曜日

桃の摘蕾始めました

膨らんだ桃の花芽

本日から桃の摘蕾を始めました。
摘蕾って何?と思われる方もいると思いますので少し説明を・・・

2008年4月7日月曜日

腐乱病

昨日はりんごの粗皮削りと腐乱病削りを行ったのですが、、、後日談です。

私たちの師匠によるとどうやら削っていたのはほとんどが腐乱病ではなかったらしいのです。余りよく分からずに始めて、勢いよく削っていたのですが・・・あーーあ、やっちゃいました。しかも多くの農家が行き交う道ばたの木ほどやらかしました。しかも熊が引っ掻いたみたいに(笑) みんなに指さして笑われるだろうな。まぁいっか、ニューファーマーだし。何事も勉強です。

2008年4月5日土曜日

アンズの農薬を散布しました(アンズ2-2008)

本日、アンズの二回目の農薬散布を行いました。

下記農薬を10aあたり200リットル散布

アプローチBI(丸和バイオケミカル) 1000培
アンビルフロアブル(シンジェンタジャパン) 1000倍

アンビルフロアブルが主に灰星病予防の殺菌剤です。 アプローチBIは展着剤です。

春が吹き出す!

ほころび始めたアンズの花

今日は久しぶりにアンズ畑に行ってきました。やり残した剪定枝の片付けと地主さんに用事がありました。

行ってビックリ!!もう咲きそうじゃないですか!!蕾はどれもパンパンに膨らみ、今にも咲きそうです。(写真のように先走ったヤツもいます)

来週末には満開で見頃になると思います。その時には信州堂はアンズ畑にピクニック♪BBQしよっと♪

2008年4月4日金曜日

今年の剪定が終了です!

剪定後のりんご畑

本日、今年栽培する全ての畑の剪定が終了しました。
長かったです、ここまで。ニューファーマーなんで良くも悪くも手の抜き方を知りません。ガチで取り組みました。ちょっと切りすぎかも知れません。実が付かないかも・・・結果は早くても6月以降。焦らず気長に待ちましょう。でも、これが農業の良いところかな。あとはお天とさん次第だし。せめて戸隠神社の奥社にお参りには行きますが(笑)

無事に収穫できますように。

2008年4月2日水曜日

りんごの農薬を散布しました(リンゴ1-2008)

本日はりんごにマシン油乳剤を散布しました。天候が荒れていたため出来なかった農薬散布がやっとできて一安心です。ちょっと風があり届かない部分もあったりなかったりですが、まぁよしとしましょう。50培希釈薬液を10aあたり約350リットル散布しました。

さすがに荒れた天候から回復したといっても、昨日は雪が積もった天気ですので朝はとても冷え込んでいました。散布した農薬がドリフトして自分にもかかりますので、雨合羽を着ていても液が風で冷やされだんだんと体に染み渡ってきます。終了後は手ががちがちにかじかんでいました。来年は暖かい格好を準備しなければ!

作業終了後に朝飯を喰らい、昼休憩を挟みながら夕方までりんごの剪定をしました。この剪定もあと半日を残す程度まで来ています。はぁ、、、やっと終わる(T_T)。ホントに長かったです、剪定生活・・・もうすでに腕は腱鞘炎っぽいし。ふぅ、もう一息。
マシン油乳剤・・・機械油が主成分で、水となじむように乳化剤が加えてある。カイガラムシ類、ハダニ類などの防除に用い、害虫の気門を物理的に封鎖して窒息させる。

2008年4月1日火曜日

もう四月というのに信州はとても寒いです

今日は朝から雨が降っておりました。りんごの農薬をまかなければいけない時期なのに、仕事が出来ず憂鬱な気分です。
午後からは畑に出てあともう一息のりんごの剪定を行いました。仕事を始めたまでは良かったのですが、今日明日の信州の天気予報は、なんと!雪マークがついております。予報通りにだんだんと冷え込みがきつくなり、こらえきれずに少し早めに切り上げました。最後は雪もちらつき始める始末です。

明日から四月というのにこの冷え込み(>_<) キツイっす!!
それにしても、この時期は三寒四温の言葉どおりに暖かい日と寒い日がちゃんと交互に来るものですね。