cocolo farm とは

cocolo farm とは

テスト

2008年11月25日火曜日

臨時店舗 2008年は閉店いたしました

本日、松葉屋本店さんの倉庫をお借りした臨時店舗を閉店とさせていただきました。

八月の桃から始まり、プルーン、栗、りんごと本日まで大変多くのお客様にお買い上げいただき誠にありがとうございました。

また、来年のご利用をよろしくお願い申し上げます。

2008年11月24日月曜日

りんご祭りが無事に終わりました



無事に「りんご祭り」が終了しました!
普段は会社勤めの方々で賑わう街も土日ということもあり少し寂しいかなと思いましたが、初めての東京進出はまずますだったのではないでしょうか。なにより嬉しかったのが、前日に買っていただいたお客様が翌日もまた買いに来ていただけたことです。「おいしかったからまた買いに来たよ」という声に本当に励まされます。また来年のやる気が満ちてきたーーー!
今回の目的は、産地から一生懸命頑張って作った農産物を届けてどのように評価されるのかなどお客様の反応を直に感じることがメインです。その意味でも試食していただいて沢山買っていっていただき大満足の反応でした。

ご協力いただいた二丁目ダイニングのみなさま、関係者のみなさま、そしてスタッフのみなさま(その家族もね)、、誠にありがとうございました。

2008年10月21日火曜日

利平栗



以前から存在はもちろん知ってはおりましたが、「利平栗」を買ってみました。ずんぐりして、毛があるのが特徴です。
食感は・・・旨いです。小布施栗(銀寄)と比べても、食べた最初のインパクトは素晴らしいの一言。とにかく甘いのです。ただし、利平栗は和栗と中華栗のハーフです。和栗と単純に比べるのはナンセンス・・・

でも、ちょっとショックを受けました。当然、小布施栗はよく食べますがこれがおいしいと思ってきました。食べたときの甘みは、中華栗である天津甘栗などと比べてそれほどはないことも分かっていました。それでも日本の栗の中では特においしいのだと。うーーーん、でもお客さんには和とか中とか関係ないし。

今後の小布施栗の売り方を考えさせられた出来事です。和栗には和栗にしかない強みがもちろんあります。奥ゆかしい甘さと、えも言われぬ風味。特に風味は加工したときに引き立ってきます。これを分かってくれる人が多ければいいなぁ。
利平栗と何度も何度も食べ比べを行いましたがやっぱり小布施の栗もおいしいです。

2008年10月20日月曜日

農地再生事業



今日の午後は信州堂の農地再生事業の活動です。高齢で出来なくなった畑を来年から借りることが出来たので、あらかじめ草刈りをおこないました 。

どうですか??すごい草ですよね。トラクターに乗っている人の頭よりもはるかに背の高い草。
フレイルモアというハンマー式の草刈りでかけずり回りますが、なかなか刈れずに大変でした。途中で草が絡んでなんども止まるわ、草の種を頭からかぶるわでホント大変。
一年でも畑を放棄するとこんな状態になってしまうのです。これを再生させることは至難の業。やはり農地を荒れさせてはいけません。受け継いでいくべきなのです。

私たちはまだまだ頑張らねば!!

麦蒔き



今日は麦蒔きをしました。

ワイナリーの若旦那とedgerと一緒に「ユメセイキ」という小麦を蒔きました。わずか二畝ほどですが、無地に育ってくれることを祈ります。
これは小布施ワイナリーと信州堂の農業プロジェクト第一弾!来年無事に収穫できればこの麦を石臼で挽いて小麦粉つくり、うちの小布施丸なすと自家製の無農薬大豆の味噌とで丸なす蒸しおやきをつくります。出来ればイベントにして参加者を募集したいとおもっています。

2008年10月9日木曜日

りんごの葉摘み



十月の初め頃からふじの葉摘みを始めています。
写真のようにすでに色づき始めたりんごちゃんですが、葉っぱもうじゃうじゃ生えてるわけで、これが実に対して影を作ります。出来ればこのままにして楽をしたいのですが、ちゃんととらないとその部分だけ色がつかないんです。
大変だけどお金にならないともっと大変ってワケでせっせと葉っぱを摘みます。

葉摘みに関して、いろいろなりんご農家さんがやらない方が良いと言って「葉とらず」として売ってます。りんごの甘さは実が作るのではなく周りの葉がつくるという理論です。
さてどうなんでしょう?正直分かりません。
葉摘みや徒長枝を切りながらたくさんのりんごをかじりました。味は様々です。早めに熟れてきたりんごは直接日が当たった部分がとても甘く感じますし、されとてりんごの周りの葉っぱが甘みを作るというのも理解できます。
まぁ、食って食って食いまくって自分なりの方法を見つけようかなと思っとりますので、これはまたの機会に!

2008年10月8日水曜日

稲刈り



本日、うちの田んぼの稲刈りをしました。
といっても3畝くらいしかない田んぼですが・・・一条刈りでもあっというまに刈り終わり、すぐにはぜかけです。はぜかけも一時間ぐらいで終了。なんともあっけない稲刈りです。
肥料は人並みに入れましたが(他のメンバーに言われしぶしぶと)、除草剤含め農薬は一切使っていません。草も手で抜きました。

各地で豊作と聞こえてきますが、やはりうちも大豊作!昨年の二倍ぐらいとれてます。まぁ昨年は無肥料でさらに田植えも遅かったので驚くほど収量は少なかったのですが。

昨年は無肥料で収量が少なかった分味は極上でした。旨みがぎゅっと詰まった感じです。ホント今までに一番旨い米でした。(採算は別にして・・・笑)
さて今年はどんな味でしょう。楽しみです。

ちなみにほとんどの皆さんは米を買って食べていると思います。その米は特別に書いてあれば別ですが、ほとんどコンバインで稲刈りと脱穀を同時にしてしまいます。これって米のほんとのおいしさは決して味わえません。やはりはぜかけで天日干ししてから脱穀をした米には勝てません。
一度はご自分で稲刈りし、はぜかけし、脱穀して、精米してご飯を食べてみてください!どこで作ろうが米はおいしいですよ。

2008年10月5日日曜日

アンズの農薬を散布しました(アンズ8-2008)

本日、アンズに農薬を散布しました。

下記薬液を10aあたり300リットル散布しました。
ICボルドー66D(井上石灰) 50倍

殺菌剤で主にカイヨウ病対策です。

2008年10月3日金曜日

桃の農薬を散布しました(モモ特5-2008)

本日、桃(あかつき、みか、なつっこ、紅川中島)に農薬を散布しました。

下記薬液を10aあたり400リットル散布しました。
ICボルドー412(井上石灰) 30倍

殺菌剤で主にせん孔細菌病対策です。

2008年10月1日水曜日

小布施栗の王様・銀寄



いよいよ小布施栗の中でも王様である『銀寄』が落ち始めました。

写真じゃ分かりづらいですが、そりゃ大きいです。
長靴(27cm)と比べて多少感じてもらえるでしょう。

さて、ここで小布施栗の有名なワケを少々。
小布施栗の起源は室町時代、雁田山(かりだやま)の城主としてこの地にやって来た武将・荻野常倫(おぎの・じょうりん)が、旧領であった丹波(京都)の栗の苗木を取り寄せて植林したのが始まりといわれています。
栗の栽培地は、
1. 酸性であること
2. 水はけがよいこと
3. 肥沃であること
と難しい条件が必要なのですが、小布施はその大部分が町の南を流れる松川の扇状地で水はけが良く、町の南部を流れる松川は酸川でたびたび氾濫し、また、町の西部を流れる千曲川もよく暴れては肥沃な土壌をもたらしました。このように難しい条件が三つとも揃ったまさに栗適地なのです。

そして重要なことは小布施ではほとんどの農家が自然に落ちた栗しか拾いません。完熟の栗のみが集められるわけです。

どうですか?少しは小布施栗が理解できましたでしょうか??
ぜひ皆さんも一度お召し上がりください。ただし、最近は産地偽装もよくあります。また、栗泥棒もあるらしいです。ぜひ信頼のおけるところでお買い求めください。

2008年9月25日木曜日

りんごの袋外し



今日からりんご(ふじ)の袋外しです。

写真は大きすぎて袋が破けたものです。すでに赤みが差してます。

2008年9月23日火曜日

りんごの農薬を散布しました(リンゴ12-2008)

本日、りんごの十二回目の農薬を散布しました。

下記薬液を10aあたり400リットル散布しました。
展着剤アイヤー(アグロ カネショウ)10,000倍
ベフラン液剤25(日本曹達) 1,500倍

ベフラン液剤25が殺菌剤で主に斑点落葉病対策です。

桃の農薬を散布しました(モモ12-2008)

本日、桃に十二回目の農薬を散布しました。

下記薬液を10aあたり400リットル散布しました。
ICボルドー412(井上石灰) 30倍
スミチオン乳剤(住友化学) 1,000倍

ICボルドー412は殺菌剤で主にせん孔細菌病対策、スミチオン乳剤は殺虫剤でコスカシバ対策です。

2008年9月11日木曜日

桃の農薬を散布しました(モモ特4-2008)

本日、桃(あかつき、みか、なつっこ、紅川中島)に農薬を散布しました。

下記薬液を10aあたり400リットル散布しました。
ICボルドー412(井上石灰) 30倍

殺菌剤で主にせん孔細菌病対策です。

りんごの農薬を散布しました(リンゴ11-2008)

本日、りんごの十一回目の農薬を散布しました。

下記薬液を10aあたり400リットル散布しました。
展着剤アイヤー(アグロ カネショウ)10,000倍
ストロビードライフロアブル(日産曹達) 3,000倍
ロディー水和剤(住化アグロ) 1,000倍

ストロビードライフロアブルが殺菌剤で主に斑点落葉病対策、ロディー水和剤が殺虫剤でダニ類対策です。

2008年9月7日日曜日

初栗



今年の初栗の収穫です。

品種は・・・おそらく森早生でしょう。(^^;)
なかなか良いツヤしてますな。これから小布施栗のシーズンに突入です。

2008年8月26日火曜日

りんごの農薬を散布しました(リンゴ10-2008)

本日、りんごの十回目の農薬を散布しました。

下記薬液を10aあたり400リットル散布しました。
展着剤アイヤー(アグロ カネショウ)10,000倍
マイトコーネフロアブル(日産化学工業) 1,000倍
ベフラン液剤25(日本曹達) 1,500倍
アルバリン顆粒水溶剤(アグロ カネショウ) 2,000倍

マイトコーネフロアブルが殺虫剤で主にダニ類対策、アルバリン顆粒水溶剤が殺虫剤でシンクイムシ類対策、ベフラン液剤25が殺菌剤で主に斑点落葉病対策です。

2008年8月23日土曜日

ビッグピーチ



写真は川中島白桃・・・そして、今年一番の大物です。なんと686gです!!普通の桃二つ分はゆうにありますよ。
糖度も18度超えました。完璧な出来です。

ただ一つだけ問題が・・・でかすぎて出荷できません。つーわけで自家消費。おいしくいただきました。

2008年8月18日月曜日

桃の王様! 川中島白桃 収穫開始です



今日から川中島白桃の収穫開始です。

桃の王様、大きくて甘くてジューシー!!ちょっと渋みがありますが、桃好きにはたまらない一果です。
今年は極度の不受粉のため収量はおそらく例年の半分でしょう。そのかわり高品質で大玉・多糖です。

朝採りでさっそく試食しましたが、うーーん絶品!糖度は17度前後。これからの暑さでさらに高まるでしょう。うちの川中島白桃は少しお高いですが、その分一果入魂!どうぞお試しあれ。

プルーンの農薬を散布しました(プルーン7-2008)

本日、プルーンの七回目の農薬散布を行いました。

下記農薬を10aあたり400リットル散布
オーシャイン水和剤(大塚化学) 3,000倍
オリオン水和剤40(大塚化学) 1,000倍

オーシャイン水和剤が殺菌剤で主に灰星病予防、オリオン水和剤40が殺虫剤で主にシンクイムシ対策です。

桃の農薬を散布しました(モモ11-2008)

本日、桃の十一回目の農薬を散布しました。
(川中島白桃、みさかっ娘のみ)
ここ三日ほど雨が続いたため緊急の散布です。

下記薬液を10aあたり400リットル散布しました。
展着剤アイヤー(アグロ カネショウ) 10,000倍
オーシャイン水和剤(大塚化学) 2,000倍

オーシャイン水和剤が殺菌剤で主に灰星病対策です。

2008年8月16日土曜日

桃ジャム



桃ジャム作ってみました。

なんせ桃なら売るほどありますから、ハネ出しも大量にあるわけで・・・毎日生食も飽きたのでいよいよジャムつくりの登場です。
鍋の写真の桃は滝の沢ゴールド。黄金桃ですから果肉も黄色です。瓶の写真が完成品で、白い桃は以前に作ったたまきのジャムです。我ながら結構美味ですよ!

2008年8月14日木曜日

夏のスタミナ源



毎日飲んでる桃ジュースです。

去年はハネ出しの桃をほとんど捨てていましたが、今年はジューサーを買い毎日フレッシュ桃ジュースをこしらえてます。極甘の桃を惜しげもなく搾り、氷を浮かべてごくっと飲み干します。これでまた今日も戦えます!

ちなみに左が川中島白鳳、右が滝の沢ゴールド。

2008年8月12日火曜日

へんてこりん



へんてこりんな形が続いて収穫できました。
団子っ鼻の桃と魔女鼻の丸なす。

桃の農薬を散布しました(モモ特3-2008)

本日、桃(川中島白桃)に除袋後の農薬を散布しました。

下記薬液を10aあたり400リットル散布しました。
アプローチBI(丸和バイオケミカル) 1,000培
ロブラール500アクア(バイエルクロップサイエンス) 3,000倍
アーデント水和剤(バイエルクロップサイエンス) 1,000倍

アプローチBIが展着剤、ロブラール500アクアが殺菌剤で主に灰星病対策、アーデント水和剤が殺虫剤で主にシンクイムシ類対策です。

2008年8月9日土曜日

ヴァイオリンコンサート



今日は小布施ワイナリーの若旦那に誘われて、ワイナリーで行われたヴァイオリンコンサートに行ってきました。

ヴァイオリンがワイナリーに研修に来た東京の高校一年生のMくん、ピアノが中野在住のKさんです。

田舎もんのお客さんを意識してか、わかりやすい曲を演奏していただき、アンコールも含め全12曲を堪能しました。酒蔵を改装した洒落た試飲ルームで、照明を落として雰囲気もばっちり。とても有意義なコンサートでした。聞いていて思いましたが、やはり自分はバッハよりはアップテンポがしっくりきますねぇ。

2008年8月4日月曜日

りんごの農薬を散布しました(リンゴ9-2008)

本日、りんごの九回目の農薬を散布しました。

下記薬液を10aあたり400リットル散布しました。
展着剤アイヤー(アグロ カネショウ)10,000倍
ノーモルト乳剤(BASFアグロ) 4,000倍
ナリアWDG(BASFアグロ) 2,000倍
オリオン水和剤40(大塚化学) 1,000倍
オマイト水和剤(日本農薬) 750倍

ノーモルト乳剤が殺虫剤で主にシンクイムシ類対策、ナリアWDGが殺菌剤で主に灰色かび病対策、オリオン水和剤40が殺虫剤で主にシンクイムシ対策、オマイト水和剤が殺虫剤で主にダニ類対策です。

2008年7月31日木曜日

桃の収穫開始です!



本日よりいよいよ桃の収穫を開始しました。

さて、収穫し早速食べてみましたが・・・今年の出来は最高です!

2008年7月30日水曜日

桃の農薬を散布しました(モモ10-2008)

本日、桃の十回目の農薬を散布しました。

下記薬液を10aあたり400リットル散布しました。
展着剤アイヤー(アグロ カネショウ) 10,000倍
ロブラール水和剤(日産化学) 1500倍
アーデント水和剤(バイエルクロップサイエンス) 1,000倍

ロブラール水和剤が殺菌剤で主に灰星病対策、アーデント水和剤が殺虫剤で主にシンクイムシ類対策です。

2008年7月28日月曜日

桃の農薬を散布しました(モモ特2-2008)

本日、桃(なつっこ)に除袋後の農薬を散布しました。

下記薬液を10aあたり400リットル散布しました。
アプローチBI(丸和バイオケミカル) 1,000培
ロブラール500アクア(バイエルクロップサイエンス) 3,000倍
アーデント水和剤(バイエルクロップサイエンス) 1,000倍

アプローチBIが展着剤、ロブラール500アクアが殺菌剤で主に灰星病対策、アーデント水和剤が殺虫剤で主にシンクイムシ類対策です。

2008年7月27日日曜日

桃の農薬を散布しました(モモ特1-2008)

本日、桃(滝の沢ゴールド)に除袋後の農薬を散布しました。

下記薬液を10aあたり400リットル散布しました。
アプローチBI(丸和バイオケミカル) 1,000培
ロブラール500アクア(バイエルクロップサイエンス) 3,000倍
アーデント水和剤(バイエルクロップサイエンス) 1,000倍

アプローチBIが展着剤、ロブラール500アクアが殺菌剤で主に灰星病対策、アーデント水和剤が殺虫剤で主にシンクイムシ類対策です。

2008年7月24日木曜日

プルーンの農薬を散布しました(プルーン6-2008)

本日、プルーンの六回目の農薬散布を行いました。
(収穫間近のトレジディを除く)

下記農薬を10aあたり400リットル散布
スカウトフロアブル( 日本曹達) 2,000倍
ストロビードライフロアブル(日産化学工業) 2,000倍

スカウトフロアブル、ストロビードライフロアブルが殺菌剤で主に灰星病予防です。

りんごの農薬を散布しました(リンゴ8-2008)

本日、りんごの八回目の農薬を散布しました。

下記薬液を10aあたり400リットル散布しました。

展着剤アイヤー(アグロ カネショウ)10,000倍
コロマイト乳剤(三共アグロ) 1,000倍
フリントフロアブル(バイエルクロップサイエンス) 3,000倍
ダーズバンDF(ダウ・ケミカル日本) 3,000倍

コロマイト乳剤、フリントフロアブルが殺菌剤です。ダーズバンDFがの殺虫剤です。

2008年7月23日水曜日

八町きゅうりの収穫



先日植えた八町きゅうりの初収穫です。ちょっと見ない間にりっぱに育ってました。育ちすぎてでかすぎるのもありませすが、まぁご愛敬で。ちびちゃんも試しに採ってみました。やっぱり特徴はずんぐりむっくりな形ですね〜。

さっそく自家製味噌で食べてみましたが、うーーーっんちょっと淡泊。肥料が無くなっているのか・・・小布施丸なすもそう感じたけど、初物はこんなものか。でも自分で育てた野菜はとてもかわいいっすよ。

2008年7月20日日曜日

豊川保育園 ビアガーデン




本日、東京都北区の豊川保育園で行われたビアガーデンのイベントに参加しました。

今年で二回目の出店となりましたが、ご来店いただいたお客様には大変好意的にご購入いただき誠にありがとうございました。

丸なす、トマト、アスパラ、モロッコインゲン、オクラなどの野菜や桃、プラム、ネクタリンといったフルーツなどを当日の朝に産地直送しました。それに自家搾りのりんごジュース、自家栽培杏ジャムと盛りだくさんです。お値段も自家栽培や近隣農家さんの好意でかなりお安くできたと思います。

こうして直接消費者の方々と接する機会も非常に重要です。ぜひ、来年も参加したいと思います。ご近所のみなさまぜひお越しください。

2008年7月15日火曜日

桃の農薬を散布しました(モモ9-2008)

本日、桃の九回目の農薬を散布しました。

下記薬液を10aあたり400リットル散布しました。
展着剤アイヤー(アグロ カネショウ)10,000倍
ナリアWDG(BASFアグロ) 2,000倍
ダーズバンDF(ダウ・ケミカル日本) 3,000倍

ナリアWDGが殺菌剤で主に灰色かび病対策、ダーズバンDFが殺虫剤で主にハダニ類対策です。

2008年7月13日日曜日

小布施 鈴花

この度、小布施の鈴花さん(日本料理)に信州堂の小布施丸なすを使っていただけることになりました。

鈴花さんはまだオープン半年ですが、大将は以前から信州でかなり有名な方です。
立派なお店で使っていただくことに非常に嬉しいかぎりです。

今後のお話をさせていただきながら、食事をさせていただきました。料理はどれも非常においしく、感動してばかりです。
中でも、その日採れた丸なすを持参し田楽風に調理されたものをいただきましたが、これが絶品です。やはり丸なすと油の相性は抜群!!自分で栽培してなんですが、ホント旨いです。


ぜひ、信州堂の丸なすを鈴花さんでお召し上がりください。

2008年7月11日金曜日

小布施丸なす 初収穫



本日、小布施丸なすを初めて収穫しました。
普段見る丸なすとは違い、なんかごつごつしています。そして形もちょっとずんぐり。よくいうと愛嬌のある形っすね。

さっそく輪切りにして焼いて晩のおかずです・・・味も普通の丸なすとはちょっと違う。なんかやわらかい味。身はしっかりしているんだけど柔らかい。もっといろいろ試してみたいと思います。まずはやっぱりおやきだな!!

2008年7月10日木曜日

プルーンの農薬を散布しました(プルーン5-2008)

本日、プルーンの五回目の農薬散布を行いました。

下記農薬を10aあたり400リットル散布
展着剤アイヤー(アグロ カネショウ)10,000倍
オーシャイン水和剤(大塚化学) 3,000倍
オリオン水和剤40(大塚化学) 1,000倍

オーシャイン水和剤が殺菌剤で主に灰星病予防、 オリオン水和剤40が殺虫剤で主にシンクイムシ対策です。

今日のプルーン

りんごの農薬を散布しました(リンゴ7-2008)

本日、りんごの七回目の農薬を散布しました。

下記薬液を10aあたり400リットル散布しました。

展着剤アイヤー(アグロ カネショウ)10,000倍
オキシラン水和剤(日本農薬株式会社) 500倍
トップジンM水和剤(日本曹達) 1,500倍
サイアノックス水和剤(三共アグロ) 1,000倍

オキシラン水和剤、トップジンM水和剤が殺菌剤です。サイアノックス水和剤が主にハダニ類対策の殺虫剤です。

2008年7月5日土曜日

桃の農薬を散布しました(モモ8-2008)

本日、桃の八回目の農薬を散布しました。

下記薬液を10aあたり500リットル散布しました。
展着剤アイヤー(アグロ カネショウ)10,000倍
オーシャイン水和剤(大塚化学) 2,000倍
アルバリン顆粒水溶剤(アグロ カネショウ) 2,000倍

オーシャイン水和剤が殺菌剤で主に灰色かび病対策、アルバリン顆粒水溶剤が殺虫剤で主にハダニ類対策です。

信州大実の出荷が始まりました



本日から、信州大実の出荷が始まりました。
同時に新潟大実は終了とさせていただきました。

2008年6月28日土曜日

アンズの山形3号が収穫終了、新潟大実が出荷開始です

本日、アンズの山形3号が収穫終了になりました。同時に受注も停止させていただきました。そして次の品種である新潟大実が収穫・出荷開始となりました。



いやぁ、アンズはとにかく嵐のような収穫です。一日おきの収穫でしたがなんと三回で終了!!
ホント、ビックリです。突然に熟し、そして突然に終わりました。

そして相変わらず「樹でギリギリまで完熟主義」な信州堂は収穫した25パーセントは過熟で出荷出来ません。うーーん、いいかげんになんとかせんと。これじゃ経営が成り立たん。マメに見てればいいんだけど、、そんな手間がないし。でも、やっぱほぼ完熟がめっちゃ旨いしなぁ。しょぼーーーん。(-_-)

2008年6月25日水曜日

プルーンの農薬を散布しました(プルーン4-2008)

本日、プルーンの四回目の農薬散布を行いました。

下記農薬を10aあたり400リットル散布
展着剤アイヤー(アグロ カネショウ)10,000倍
ロブラール水和剤(日産化学) 1,500倍
ダーズバン水和剤25(ダウ・ケミカル日本) 1,000倍

ロブラール水和剤が殺菌剤で主に灰星病予防、 ダーズバン水和剤25が殺虫剤で主にシンクイムシ対策です。

りんごの農薬を散布しました(リンゴ6-2008)

本日、りんごの六回目の農薬を散布しました。

下記薬液を10aあたり500リットル散布しました。

展着剤アイヤー(アグロ カネショウ)10,000倍
オキシラン水和剤(日本農薬株式会社) 500倍
ダイアジノン水和剤34(日本化薬) 1,000倍
セルバイン(白石カルシウム) 800倍

オキシラン水和剤が主に黒星病予防の殺菌剤、ダイアジノン水和剤34が主にシンクイムシ対策の殺虫剤です。セルバインはpH調整葉面散布剤で無機銅の薬害を防ぐ目的です。

2008年6月24日火曜日

アンズの収穫開始です



本日、アンズの収穫を開始しました。まずは山形3号からです。

初収穫だというのにあいにくの雨空。かなり気分的には参りながらも一果一果を丁寧に収穫しました。

何分初めてなので、たまに青い果実を採ってしまったりと少しの失敗もありつつ、自然の恵みを感じながらの収穫です。思えばこの冬からの剪定や摘果・・・大変でしたがすべて報われる思いです。あとはきちんと収入に繋がり懐も報われるといいなぁ(笑)
今回はすべて地元の市場に持っていきましたが、荷受けのおじさん曰く、、「これいいアンズだねぇ」だって。ちょっと鼻高々です。明日の朝の競りが楽しみ。いくら付くでしょうか。
直販のお客様には収穫にも慣れて、果実もほぼ完熟の次の収穫からお送りいたします!ぜひお楽しみに!!

ちなみにこの通称「山3」は生産者もびっくりの酸っぱい果実。とても生食では無理です。加工にお使いください。

アンズの農薬を散布しました(アンズ7-2008)

本日、アンズの七回目の農薬を散布しました。

下記薬液を10aあたり400リットル散布しました。ただし、収穫を開始した山形3号には散布していません。
スカッシュ(丸和バイオケミカル)2,000倍
オーシャイン水和剤(大塚化学) 4,000倍

スカッシュが展着剤、オーシャイン水和剤が殺菌剤で主に灰星病対策です。

2008年6月16日月曜日

タケノコ狩り



今日は早朝(といっても三時半!)に家を出てタケノコ狩りに行ってきました。

信州の北信濃ではタケノコ狩りのタケといえばふつーの竹のことではなく、「チシマザサ」という笹の子を指します。また、チシマザサのことをこの辺では根曲がり(タケ)とも呼びます。豪雪地帯にしかないため雪の重みでつぶされ、春以降それが根本から曲がって立ち上がって伸びる様子からつけられています。

根曲がりは北信濃の山菜シーズンの最後を飾り、また最大の楽しみでもあります。まさに山菜の王様!!採るのにとても苦労しますが、その味は絶品です。そりゃ三時に起きて藪の中をかけずり回りますよ。

一般的にタケノコ汁や天ぷら、そして採りたてでしか味わえない焼きタケノコ!!これにビールがあれば至極の時間です。今日もおいしくいただきました。

2008年6月15日日曜日

桃の農薬を散布しました(モモ7-2008)

本日、桃の七回目の農薬を散布しました。

下記薬液を10aあたり500リットル散布しました。
展着剤アイヤー(アグロ カネショウ)10,000倍
パルノックスフロアブル(大内新興化学) 500倍
ダーズバン水和剤25(ダウ・ケミカル日本) 1,000倍

パルノックスフロアブルが殺菌剤で主に黒星病対策、 ダーズバン水和剤25が殺虫剤で主にシンクイムシ対策です。

八町きゅうり



本日、「八町きゅうり」の苗を植えました。

八町きゅうりとは小布施のお隣、須坂市伝承の野菜です。小布施丸なすと並び信州の伝統野菜に選定されています。

夏野菜は種類を増やしたいと思っておりましたので、苗屋で見つけてすぐに買いました。まずは二株で実験です。うまくいけば来年から量産するかも。

小布施丸なすの支柱をたてました



本日、小布施丸なすの支柱をたてました。

イボ竹が約240本・・・なかなか壮観な景色です。

三本仕立ても行い、最初の三花も取り除きました。その後の花芽もちらほらと付き始め、収穫が待ち遠しいこの頃です。

2008年6月14日土曜日

栗の花が咲き始めました



栗の花が咲き始めていました。

こらから町全体を淡い黄色に染め上げます。
また、匂いも特徴的なので約半月ほどは甘く癖のある匂いが立ちこめるでしょう。

2008年6月11日水曜日

プルーンの農薬を散布しました(プルーン3-2008)

本日、プルーンの三回目の農薬散布を行いました。

下記農薬を10aあたり400リットル散布
アグロス展着剤S(住友化学)10,000倍
ベルクートフロアブル(大日本インキ化学工業) 2,000倍
ダイアジノン水和剤34(日本化薬) 1,000倍

ベルクートフロアブルが主に炭疽病予防の殺菌剤です。 ダイアジノン水和剤34が主にシンクイムシ対策の殺虫剤です。

2008年6月8日日曜日

アンズの農薬を散布しました(アンズ6-2008)

本日、アンズの六回目の農薬を散布しました。

下記薬液を10aあたり400リットル散布しました。
ソリボーST(住化武田農薬)100倍
ストロビードライフロアブル(日産化学工業) 2,000倍

ソリボーSTがホウ素の葉面散布の肥料剤。ストロビードライフロアブルが殺菌剤で主に灰星病対策です。

さぁ、あと二週間で山形3号から収穫が始まります。まだまだ青い実のままですが、今後はあっというまに大きくなり熟していきます。楽しみです!!

2008年6月7日土曜日

小布施丸なすの一番花咲きました



小布施丸なすの一番花が咲きました。

今まで見た中で一番大きな花をしています。さすが大果をつける品種だけはあるなぁ。
また、今日で霜からなすを守ってきた寒冷紗も外します。さすがにもう心配はないでしょう。他の農家さんも外したし。雹が降るかも知れないけど。

今後は芽の様子を見ながら三本仕立てにしていきます。

りんごの農薬を散布しました(リンゴ5-2008)

本日、リンゴの五回目の農薬を散布しました。

下記薬液を10aあたり500リットル散布しました。
展着剤アイヤー(アグロ カネショウ)10,000倍
ジマンダイセン水和剤(ダウ・ケミカル日本) 500倍
ダーズバン水和剤25(ダウ・ケミカル日本) 1,000倍
セルバイン(白石カルシウム) 800倍

ジマンダイセン水和剤が殺菌剤で主に黒星病対策です。 ダーズバン水和剤25が殺虫剤で主にハマキムシ対策です。 セルバインはpH調整葉面散布剤で無機銅の薬害を防ぐ目的です。

2008年6月6日金曜日

桃の袋掛け始まりました



今日から桃の袋掛けが始まりました。

写真は袋掛け用に購入した作業前掛けです。腰に巻いて二つある大きめのポケットに袋を入れておきます。一つ掛けては取り出し、また一つ掛けては取り出しの繰り返し。今年は全部で6,000枚ぐらいかな。ちょっと少なめです。袋さえ掛けてしまえば桃の作業も一区切り。あとは収穫を待ちながら、無事を祈るだけです。

まずは肌荒れに弱いなつっこからです。本摘果を行いながら袋を掛けていくと、案の定部分的に橙色になった幼果があちこちあります。なるべく取っていくのですが、実が他にない場合はとりあえず残します。夏になってこの部分がどう変化するのか見てみたいからです。成熟すると消えるのでしょうか?

2008年6月3日火曜日

桃の農薬を散布しました(モモ6-2008)

本日、桃の六回目の農薬を散布しました。

下記薬液を10aあたり500リットル散布しました。
グラミンS(三共アグロ)10,000倍
パルノックスフロアブル(大内新興化学) 500倍
バリアード顆粒水和剤(バイエルクロップサイエンス) 4,000倍

パルノックスフロアブルが殺菌剤で主にせん孔細菌病対策、 バリアード顆粒水和剤が殺虫剤で主にアブラムシ対策です。

2008年6月2日月曜日

本当の旬 イチゴ編



畑にはなしてあるイチゴが赤く実りました。今がイチゴの旬なのですね。初めて知りました。